心の症状から身体の症状が出た!? | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

心の症状から身体の症状が出た!?


うつ状態との診断を受け、仕事をしながらの治療の道を選びました。

当初はひどい落ち込みや注意力がおちるなどの症状でした。

ところが身体にも辛い症状があらわれるようになったのです。


 
 

SPONSORED LINK





 
 

 

 

 

≪だるくて何もする気がおきない≫

 

私、元々の性格は人懐っこく、人とお話しするのが大好きです。

逆に一人でいるのはなんとなくさみしくて苦手です・・・

 

ある休日、とても強く誰にも会いたくない!!と思ったのです。

自分の中では、今まで感じたことのない心が真っ暗に閉じた感覚でした。

 

その後、微熱が出てだるくてだるくて、ご飯も喉を通らなくなりました。

微熱、目まいに吐き気に頭痛と不快感のオンパレードに見舞われました。

 

週明けにだるい身体をひきづって内科を受診しました。

 

 
 

SPONSORED LINK





 

≪内科を受診した私は結局・・・≫

 

 

 

 

皆さんは身体に痛みが出たら何科を受診しますか?

おそらく内科を受診する方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私も同じく内科を受診しました。

診断は「風邪と低血圧」でした。

そのとき内科医に抗鬱剤を服用していることを告げると、そちらとの関連性もないとは言えないと。

 

その足で、心療内科も受診したところ、精神的なものならこれを飲んで。と安定剤を処方されました。

更に抗うつ剤も増量で釈然としないまま帰宅しました。

 

この後、身体の症状は一旦落ち着くのですが、次の日、ついに小さいとはいえども事故を起こしてしまうのです。

 

今、いつもと違うほどの集中力の欠如を感じている方は本当に気を付けてほしいと思います。

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事