出産をきっかけに発症・・・自分を責めないで!! 「産後うつ病」 | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

出産をきっかけに発症・・・自分を責めないで!! 「産後うつ病」


 

出産は女性の人生の中でも、飛びぬけて身体に劇的な変化をもたらします。

ホルモンバランスが変化し、赤ちゃんが誕生することで生活のリズムは思うようにコントロールできなくなります。

そんな大きな変化に対応できず、引き起こされるのが産後うつ病です。


 
 

SPONSORED LINK





 

≪産後うつ病とマタニティー・ブルーズ――こんな違いがあります≫

 

 

 

どちらも、産後にホルモンバランスの乱れから起こるという点では一致していますが、明らかに両者には違いがあります。

 

 

マタニティー・ブルーズとは、出産経験のある女性の30~50%もの人が経験すると言われています。

 

産後2~3日後から1週間以内に発症し、数日から数週間で自然に回復する、一過性のものです。また、落ち込みなどの症状は産後うつと比べると比較的軽いと言えます。

 

 

一方、産後うつ病はと言うと、出産経験のある女性の10%に見られると言われています。

 

発症は2~3週間から3か月以内とされ、数週間落ち込みなどの症状が続きます。また、後述します症状は強く現れ、この状態を放っておくとうつ病に発展する危険性があります。

 

 

産後うつ病の症状とは、気分の落ち込み、強い不安感やイライラ感、集中力や記憶力の低下、疲れやすい、眠れない、情緒不安定など精神面だけではなく、身体にも影響が出てくるのです。

 

 

このように両者に共通している部分はあるのですが、一番の違いはマタニティー・ブルーズは自然に治っていくものであり、病気ではなく、産後うつ病は治療を必要とする病気であるという点です

 

 

発症期間のずれを見ると気になるのは、この2つには連続性があるのか?または、全く別物なのかと言うことですが、未だはっきりとした結論は出ていません。

 

ただ、症状が似ていることや、実際にマタニティー・ブルーズから産後うつに移行する事例があることから、現在ではマタニティー・ブルーズは産後うつの前段階という考え方が一般的です。

 

 

 

-shared-img-thumb-150705260810_TP_V

 

 

 

 

≪産後の女性はガラス細工のように脆い状態です。≫

 

 

誰でも、出産後は大きな痛みを通してわが子に会えたという気分の高揚を感じ、慣れない赤ちゃんのお世話で自分のリズムは乱れてしまい・・・という、普段の生活には無かった大きな変化に伴うストレスを感じることと思います。

 

それは、出産後の女性であれば、大なり小なり感じるのは当たり前のことです。

それだけ大きなことをやり遂げたのですから!

 

辛い気持ちになった時には想いを聞いてくれたり、家事を手伝ってくれたり、赤ちゃんのお世話を少し受け持ってくれたりする人がそばにいてくれたりすると心強いですね。ぜひ、周りのたくさんの温かい助けを借りて過ごしていってほしいと思います。

 

加えて、真面目で完璧主義の女性には発症する危険度が高いのです。育児や家事にしっかりと取り組めない現状であったとしても、決して自分を責めないでください。

 

赤ちゃんもお母さんも、みんなそれぞれ違うのです。育児書通りにいかなくて当たり前。友達の話と違っても、病院で聞いた話と違っても、インターネットの情報と違っても、それが自分と赤ちゃんだけのストーリーっていうことなのですから。

 

最後に産後うつ病には薬が有効なのですが、注意したいのは授乳です。

服薬中には母乳を与えることをひかえなければいけません。

主治医の先生と相談のうえ治療に当たっていくことをお勧めします。

 

たくさんの赤ちゃんと たくさんのお母さんが 笑顔で過ごしていけるように願っております。

 
次の記事へ進む
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事