うつ病から復帰後《無理をしない》自分になりましょう。 | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

うつ病から復帰後《無理をしない》自分になりましょう。


 何事にも真面目で責任感の強いあなた。

状態が悪くても、調子が悪くスランプでも、

「仕事だから」と自分に鞭打って頑張ってきたのではないでしょうか。


 
 

SPONSORED LINK





 

でも、そんな風に何事にも一生懸命だったから、自分がやるしかないから、とストイックにやってきたために、

体調を崩すことになったのではないでしょうか。

 

そう、うつ病の原因は“無理をしたこと”なんです。

そして、まずは自分が無理をしてうつ病になったことを認めましょう。

うつ病が良くなって社会復帰したのであれば、“無理をしない”ようにしましょう。

 

そもそもうつ病は再発する病気です。

うつ病の症状が良くなり元気になったとしても、その5年間の間にうつ病になった人の50%が再発すると言われています。

しかし、逆に言うと50%の人は再発しないのです。

うつ病の再発防止のためにできることは、先ほども言いましたが、“無理をしない”こと。

無理をしてうつ病になったのであれば、無理をしなければいいのです。

 

では、“無理をしない”ということはどういうことなのでしょう。

“無理をしない”とは怠けることではありません。

“自分の状態や能力を把握し、できないことはできなくていいと認めること“です。

 

大事なことは、自分をいたわることです。

 

誰しも苦手なことはあります。

苦手なことを克服しようと努力するのは素晴らしいことですが、苦手なことを克服するというのはかなりの負荷がかかります。

最初から泳げる人が200m泳ぐことと、全く泳ぐことも水に入ることさえもできない人が200m泳ぐのでは、

負荷のかかり具合が全く違います。

 

もしアナタが全く泳げず水にも入れない人だとしたら、200m泳ごうと思いますか?

私であれば、やめておきます。

つまり、「これはできないな」と思うことはチャレンジしなくてもいいのです。

実際にできなくてもいいのです。

 

もちろんできないことにチャレンジしてみてもいいのです。

ただ、大事なことは「できなくてもいい」と思うこと。

自分にプレッシャーを与えないで、自分をいたわること。

それがうつ病の再発防止に大切なことなのです。
 

 
次の記事へ進む
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事