自分のいいところを見つけて、たくさんほめましょう | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

自分のいいところを見つけて、たくさんほめましょう


 うつ病になりやすい人、もしくはうつ病の人の特徴として、

「自分を許せない」「ダメな人間だと思う」など自分を責める傾向にあります。

自分は○○しかできないと悲観的に考えていませんか?


 
 

SPONSORED LINK





 

 

≪視点を変えると○○は”できている”んです。≫

 

「自分をダメだな」と思う原因は、自分の理想像と異なるからです。

 

「こうあらねば」という理想にとらわれ、できた時だけ自分を認めていると、できなかった時はできない自分を否定してしまいます。

 

そして、次第に自分を肯定することができなくなっていきます。

 

しかし、このように自分を否定し続けていたのでは、自信がなくなり精神的に辛くなってきます。

 

 

理想を追い続けるのは大変素晴らしいことですが、

理想のために無理をし続けることは危険です。

 

 

無理をして理想の自分を実現することができましたか?

 

無理をして頑張っても「できないことはある」のではないでしょうか?

無理をしてきたアナタはそれがきっと分かるはずです。

 

うつ病の改善・予防には等身大の自分を認め、自分をいたわることが大切なんです。

 

また、自分のいいところを見つけて、たくさんほめることも大切です。

 

 

 

PAK15_sesujiwonobasutsuyopon_TP_V

 

 

 

 

≪いいところの見つけ方≫

 

 

1、できたことを挙げる(推測ではなく”事実”を)

 

例)・コップの水洗いをした

・台所の片付けをした

 

 

2、よい意味付けをする

 

例)・家事ができるようになった

・もともとはキレイ好きなんだ

 

 

このとき「コップしか洗えていない」とは考えません。

 

できたことだけに目を向け、プラスの考えを自分に言い聞かせます。

 

こうすることによって、今までは「できない自分」にしか目が行っていなかったのが、

 

できる自分もいることに気づき始め、自分をいたわり、ほめることができるようになります

 

 

【自分のほめ方】

 

◆過去に上手くいったことを思い出す

 

◆自分自身を信じる

 

◆自分をありのままに受け入れる

 

◆自己の目標を少し下げる

 

◆周囲の人も自分を認めていると信じる

 

◆うつ病は恥ずかしいことではないと知る

 

◆自分は劣っていないと考える

 

◆自信をもって行動しようと自分に言い聞かせる

 

 

自分をほめるという行為は、自己を肯定する力を高め、うつ病の改善、予防につながります。

 

 

たくさん自分をほめて、ほめて、認めていきましょう。

 

 

 

 

 

 
次の記事へ進む
 
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事