うつ病にかかりすい考え方のクセとは……? | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

うつ病にかかりすい考え方のクセとは……?


人それぞれ、考え方にはクセがあり、
そのクセがうつ病につながる場合があります。
今回は、うつ病にかかりやすい考え方のクセについてお伝えします。


 

SPONSORED LINK




『考え方のクセ』と一口に言っても、それは1つではありません。
代表的なものをいくつかご紹介します。

 

 

まずは、「ものごとを悲観的にとらえる」というクセです。
良いできごとであっても、悪い方にとらえてしまいます。

 

例えば、頑張って勉強した結果、
テストの点数が前回から上がっていても、
「勉強してもこの程度の点しかとれない」と
悪いように考えてしまいます。

 

あるいは、新たな仕事を任されたけれど、
「きっと他の同僚より上手くできない」などと、
否定的な考えに偏ってしまいます。

 

 

次に、「極端な一般化」があります。
嫌なできごとが起こった時や失敗をしてしまった時、
それが一時的、または例外的なことだと考えず、
一般的なことだと考えてしまうのです。

 

例えば、就職活動で1社の面接に落ちてしまった時、
「もう自分は就職なんかできない」と思ってしまう、
といったように。
今回だけの失敗だと思えないので、
どんどん憂うつになってしまいます。

 

SPONSORED LINK





他に、「2分割思考」というものもあります。
全か無か、あるいは白か黒、という風に、
ものごとを二つに分けてしまう考え方です。
100のうち、100できなければ、
結果は0なのだと評価してしまいます。

 

例えば、試験でいつも100点をとっていたのに、
ある試験では99点になってしまったとします。
そんな時、「100点をとれないダメなやつだ」と
自分を責めてしまうのです。

 

 

そして、「〜すべき、という厳しい目標の設定」があります。

「服装はきちんとすべき」や「挨拶はきちんとすべき」と、
がちがちに厳しい目標を設定してしまいます。
できるに越したことはありませんが、
どんな時でもできるというわけではないでしょう。

 

家でリラックスする時くらい、ゆるい服装をしたいですよね。
しかし、この考え方をする人は、厳しく律しすぎて、
できなかった時に自分を追い詰めてしまうのです。

 

 

最後に、「レッテル貼り」というものがあります。
自分に対して、否定的な評価をして、
「自分はこうなのだ」と決めつけてしまいます。

 

例えば、「自分は話ベタなのだ」と思っているとします。
他の人と話す機会があってもうまく話せなかった時、
「やっぱり自分は会話もちゃんとできないダメな人間なんだ」と
過剰に自分を貶めてしまうのです。

 

 

自分で自分を傷つけてしまう『考え方のクセ』を
簡単に変えることは難しいでしょう。

 

ただ、少しずつでも変えていくことはできます。
少しだけ立ち止まって、自分の考え方が自分を苦しめていないか、
見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事