リラックスすることもストレス解消法の一つです | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

リラックスすることもストレス解消法の一つです

うつ病の一因である「ストレス」ですが、その解消方法の一つとして、リラックスすることがあります。

 

しかし、仕事に家事にと何かと忙しくて、リラックスのための時間がとれない、リラックスの仕方がよくわからない、という方も多いでしょう。

 

そんな時は、作業をしながらでも実践できる方法を試してみませんか?

 

 

 

SPONSORED LINK





 

《音楽を聴く》

古来より音楽は様々なことに利用されてきました。

古代エジプトでは音楽を「魂のクスリ」と呼んでいたそうです。

 

現代でも、音楽は祭りなどのイベント時には私たちの気持ちを盛り上げてくれますし、妊娠中にお腹の子に音楽を聴かせることは一般的なことになっています。

 

最近では、アスリートの多くが試合前に音楽を聴いています。

気持ちを高めるためや集中するために行なっているそうです。

集中には、緊張状態での集中とリラックスした状態での集中があります。

 

 

緊張状態での集中が脳のエネルギー消費が激しく短時間しか続かないのに対して、リラックスした状態での集中は脳の負担が少ないので長続きするという特徴があります。

 

面白い小説や漫画を長時間読んでしまうのと同じです。

つまり、勉強や仕事の時に向いているのはリラックスした状態の集中なのです。

 

仕事中は難しくても、通勤中や家事の最中に好きな音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

 
 

SPONSORED LINK





 
 

《アロマを利用する》

 

こちらも古い時代から色々な効果を求めて利用されてきました。

香水のように芳香を利用することはもちろん、原材料となる植物などは薬として利用されてきました。

 

 

アロマには様々な種類があります。

例えば、ペパーミントは集中力を高め、ローズマリーはリフレッシュができるそうです。

リラックスするならラベンダーや柑橘類が効果的といわれています。

 

 

最近は用途に応じてブレンドしたオイルやスプレーなどがあるので、好みの香りを探してみるのも楽しいですね。

 

使用方法は色々ありますが、一般的なのは、下記のようなツールを使って芳香を楽しむ方法です。

 

 

  • アロマペンダント
  • USBアロマディフューザー
  • アロマ加湿器

 

 

とはいえ、学校や職場では周囲の人に気を使わなくてはいけません。

 

自分が好みの香りだとしても、他の方もそうだとは限りませんし、アレルギーなどの問題もあります。

 

なかなか周りの人に聞きづらい、聞けたけど許可してもらえなかった、そういう場合は、アロマペンダントを使ったり、ハンカチにアロマオイルなどを垂らす方法がオススメです。

休憩で席を外す時などに持って行って、香りを楽しんでリラックスすることができます。

 

※注意事項:成分によって使用方法・注意事項が違うので、使用方法をよく確認のうえでご利用ください!

 

少しづつでも自分にあったリラックス方法を見つけて、ストレス解消をしていきましょう。

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事