「消えてしまいたい・・・」その考えはうつ病のもたらす極端な結論です。 | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

「消えてしまいたい・・・」その考えはうつ病のもたらす極端な結論です。


うつ病の人は「この世から消えたい」と思う場合が多いとされています。

思考力が低下し、視野が狭くなっているため、「命を絶つ」という考えに囚われてしまうのです。

しかし、本人はその思いを不自然であるとか、極端な思考とは気づいていません。


 

 

SPONSORED LINK




 

【本人の体験談】

 

 

仕事ができないのに、給料をもらっていいのか、皆に申し訳なくて、会社を辞めるしかない、命を絶っておわびをするしかないと思い詰めていた。

友人から「どうしたの、おかしいよ」と言われたのですが、むしろ、友人のほうがおかしいと感じたほどだった。

(参考文献:うつ病の人の気持ちがわかる本 大野裕著)

 

 

「消えたい」という考えの背景には以下の3つがあります。

 

絶望感…「自分など生きている価値もない」と、自分自身や生きていること自体に絶望している

 

自責の念…周りに迷惑をかけるダメな人間だと過剰に責めている

 

現実逃避…今の苦しい気持ちから逃げたい、楽になりたい

 

これら3つの観念からうつ病の人は「もう消えるしかない」と思ってしまうのです。

 

 

 

elly134101452_TP_V

 

 

 

 

 

また、うつ病の人は日常において何を見ても「命を絶つ」ことを連想してしまいます。

 

例えば、

 

・ベランダから飛び降りたら逝けるか

 

・刃物を使って手首を切ろうか

 

・ガス栓をひねれば楽だ

 

・薬を大量に飲めばどうか

 

・ここにロープをかけたら逝けるか

 

など、普段であればそんな考えは抱かないはずなのに、うつ病の人は「命を絶つ」ことを考えてしまいます。

 

中には、本当に実行してしまう場合があります。

 

うつ病を発症し再発を繰り返しながら3年になる人が絶望のあまり、翌朝、無意識で線路の上を歩いていたという事例もあります。

 

うつ病の人は、日常的に「命を絶つ」ことを考えています。

 

「命を絶つしかない」と思うほど、自責の念や絶望に囚われているのです。

家族や周りの人はその最悪のケースを避けるために、うつ病理解とサポートスキルを身に着けていきましょう。
 

 

次の記事へ進む
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事