更年期うつ病・・・女性だけに限ったことではありません。 | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

更年期うつ病・・・女性だけに限ったことではありません。


更年期うつ病とは、女性は閉経前後、男性では40~60代に見られます。

この時期にホルモン分泌低下が起こることがあり、それに伴って更年期障害となることがあります。

この更年期障害が引き金になって発症するのが更年期うつ病です。


 
 

SPONSORED LINK





 

≪女性の更年期、男性の更年期≫

 

更年期障害は、女性では50歳前後と言われている閉経期に見られます。

 

更年期女性の2-3割が更年期障害を経験すると言われ、動悸、血圧の上下、ホットフラッシュ、多汗、ヒステリーなど心身の不調が見られます。

 

 

男性では、主に40歳以降に加齢やストレスがホルモンに影響してかかることがあります。

症状としては抑うつ状態、記憶力や集中力の低下、発汗、睡眠障害、性欲の低下などが現れます。

 

こうして男女ともに、ホルモン分泌が減り、更年期障害を患ってしまいます。

 

 

 

 

-shared-img-thumb-N612_nanohanatokazoku_TP_V

 

 

 

 

 

≪見過ごされがちな更年期うつ病≫

 

 

 

この時期の女性は、家族の問題、環境の変化、介護、子どもの独立などライフステージががらりと変わることの多い年代です。

 

このようなストレスから、うつ病のサインが出ているにもかかわらず、すべて更年期障害のせいだと見逃されることも多いのです。

 

一方男性の更年期症状には個人差があると言われており、更年期を迎えても平気な方もいれば、日常生活もままならない症状の方もいらっしゃるのです。

 

男性は特に職場や家庭で責任を負うことも多く、男性更年期からうつ病へと静かに進行していきます

 

 

中にはうつ病が甘え病だと考える方もいて、自分はならないだろうという油断から気づくのが遅れることもあります。(※もちろん甘え病なんて嘘です。)

 

やはり、このタイプも早期発見、早期治療が大切なのです。

 

疑わしい症状があれば、ぜひ医療機関やカウンセリングの扉をたたいてくださいね。

 

自分も家族も・・・あなたに関わったすべての方が幸せに暮らしていくために、自分の身体の声に耳を澄ましてみましょう。

 

 

次の記事へ進む
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事