40代からの体と環境の変化がうつ病につながることも…… | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

40代からの体と環境の変化がうつ病につながることも……


40代頃から始まる更年期には、男女ともに体や環境に変化が訪れます。
今回は、その更年期に起こる変化とうつ病の関係についてお伝えします。


 

SPONSORED LINK




人間の体に大きな変化が起こる時期の代表例は『思春期』でしょう。
しかし、『更年期』という時期にも変化が起こります。

 

更年期は、人によって時期に多少のばらつきがありますが、
男女ともに40代以降と言われています。

 

そして、その時期には、『更年期障害』という体の不調が発生する
場合があります。

 

 

更年期障害というと、女性のものだと思われがちですが、
実際には、更年期障害は男性女性どちらにもあらわれます。

 

女性の場合は、45歳から55歳ほどの期間で、
これは、閉経によって女性ホルモンの分泌量が減り、
ホルモンバランスが崩れることで起こります。

 

男性の場合は、40歳以降から始まると言われ、
『LOH症候群』とも呼ばれています。
男性ホルモンの減少や加齢、ストレスによって、
やはりホルモンのバランスが崩れることで起こります。

 

 

更年期障害の代表的な症状は以下の通りです。

 

《更年期障害 女性に多い症状》
・イライラする
・不安を感じる
・よく眠れない、あるいは眠りすぎる
・顔に”ほてり”や”のぼせ”を感じる
・汗をよくかく
・頭痛、腰痛、肩こりなどを感じる
・倦怠感、疲れやすさを感じる
・トイレに頻繁に行く
・抜け毛や薄毛になる
など……

 

 

《更年期障害 男性に多い症状》
・楽しみが減った
・集中力や記憶力が落ちた
・よく眠れない、あるいは眠りすぎる
・汗をよくかく
・腰痛、関節痛、背中の痛みなどを感じる
・体力が落ちた、筋力が落ちた
・性欲が低下した
・ひげが伸びるスピードが遅くなった
など……

 

 

SPONSORED LINK





更年期障害の症状の多くは、
うつ病の症状とよく似ています。
更年期障害だと思って病院に受診したら、
うつ病だったということはよくあるようです。

 

 

更年期障害の場合、その原因はホルモン分泌量が減ることですが、
この時期は、さらに、生活の上でのストレスも多いものです。

例えば、こんなことが起こるでしょう。
・子どもが独立したり結婚したりして、家を出る
・親の介護が始まる
・身近な人が亡くなる
・仕事を退職する

 

いずれも、それまでと環境が変わってしまうできごとです。
そういった状況では強いストレスを感じるため、
うつ病にかかる可能性が高くなってしまうのです。

 

 

症状が似通っているため間違えやすいですが、
年齢から推測して「これは更年期障害だから仕方がない」と
思い込まないことが重要です。

 

それが、更年期うつ病の早期発見につながります。

 

特に、生活に支障が出るほど症状が重い場合は、
更年期障害とうつ病の両方を視野にいれて対応を検討することを
お勧めします。

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事