あったまって「ほっ」とリラックス! | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

あったまって「ほっ」とリラックス!


「ほっ」とする、ということは、気持ちが和らぐことです。
これも、1つのリラックス方法ですね。
今回は、あったかい飲み物によるリラックス効果についてお伝えします。


 

SPONSORED LINK





誰でも、好みのドリンクがありますよね。
冷たい炭酸だったり、甘いココアや甘くないお茶、などなど、
人それぞれお気に入りの一杯があるのではないでしょうか。

 

緊張している時に、温かいカフェオレを飲んで「ほっ」と一息、
なんて、テレビのCMでありそうな光景ですね。

 

この「ほっ」とするということは、
「心が落ち着く」とか「和む」とか、「癒される」と
言い換えることができます。
つまり、この瞬間、人はリラックスすることができるのです。

 

 

特に、あったかい飲み物は、体を温めてくれるので、
血流が良くなり、胃腸などの働きを助けてくれます。
血流が良くなることで、疲労物質を体外に排出する効果があり、
疲れが取れやすくなるという利点もあるようです。

 

SPONSORED LINK





ここからは、オススメの飲み物をご紹介します。

 

《紅茶》

 

紅茶に含まれる「テアニン」という成分は、
緊張をやわらげたり興奮を鎮める作用があるそうです。
フレーバーティーも多く出ているので、好みの香りや、
その時の気分に合わせて、いろいろ選んでも楽しいでしょう。

 

また、殺菌作用があり、風邪やインフルエンザに効果があるので、
紅茶でうがいをすることもオススメです。

 

 

《コーヒー》

 

コーヒーからふわっと立ち上るあの香りには、
リラックス効果と覚醒作用があるそうです。

 

どちらも、コーヒー豆の産地や焙煎の度合いによって効果が
変わってくるといいます。
実験も行われていますが、その結果を意識するよりは、
自分で香りをかいでみて、「リラックスできるな」と
感じられるものを選べばいいのではないでしょうか。

 

コーヒーを飲む前に、すうっと香りを吸い込んで、
「ほっ」としましょう!

 

 

《ココア》

 

紅茶やコーヒー同様、ココアの香りにも、
リラックス効果があると言われています。
また、血流をよくする効果があるので、冷えやむくみの解消に
一役かってくれます。

 

 

 

今ご紹介した紅茶とコーヒー、そしてココアには、
全てカフェインが含まれています。
このカフェインにも、実はリラックス効果があるという報告が
あります。

 

ただ、カフェインは、さまざまな効能がある一方で、
多量にとりすぎると体に悪影響があります。
カフェインが含まれる製品を複数使用するなど、
過剰な摂取はしないように気をつけてください。

 

特に妊娠中の女性は、胎児への影響が懸念されるため、
注意が必要です。

 

また、覚醒作用もあるので、眠る直前に飲むのは避けた方が
いいかもしれません。

 

適度な量を心がけて、
あったかい飲み物を「ほっ」とリラックスするのに
利用してみてください。

 

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事