うつ病の回復、その道のりとは……? | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

うつ病の回復、その道のりとは……?


うつ病は回復するまでに、さまざまな状態をたどります。
今回は、どういった道のりをたどって回復していくのかということをお伝えします。


 

SPONSORED LINK





 

どんな病気でも、回復していくにはそれぞれの道のりがあります。
うつ病の回復までの道のりには、
個人差や治療の方法などによって違いはありますが、
以下のようなパターンが考えられます。

 

(パターン1)
発症 → 改善 → 維持

 

(パターン2)
発症 → 改善 → 再発

 

(パターン3)
発症 → 長期化

 

 

もっともスムーズな回復の仕方は、
もちろん、(パターン1)です。

 

うつ病にかかるということは、心身ともに疲労状態で、
活動するためのエネルギーが不足している状態です。

 

体には、不眠や食欲不振などの悪影響が出て、
心には、憂うつな気分や何も楽しめないといった悪影響が
起こります。

 

 

早い時期に、病院やカウンセリングに行くなど、
適切な対応をとることができれば、長期化を防ぎ、
回復までにかかる時間が短くなります。

 

一般的に、うつ病から回復するまでに要する期間は、
1年と言われています。

 

SPONSORED LINK





 

早めの対応をしていたとしても、忘れてはいけないのが、
うつ病は「再発する病気」であるということです。
(パターン2)の場合になります。

 

うつ病の再発の確率はとても高いと言えるでしょう。
初めてうつ病にかかった人の50%が再発をするという
統計結果もあります。

 

また、近年では、わりと短期間で回復と再発を繰り返す人が
増えているとも言われています。

 

治療を進める中、症状が改善して回復していくと、
うつ病にかかっている本人も家族も安心します。
もう少しで完璧に治るかもしれない、と期待もするでしょう。

 

そして、これまで休んだ分を取り戻そうと無理をしたり、
薬の服用をやめてしまったりということが起こりえます。

 

すると、まだ回復しきっていない心身の状態は悪化して、
また症状が現れて、再発してしまうのです。

 

 

回復までに1年と言われてはいますが、
一方で、再発することも視野にいれなくてはいけません。
人それぞれではあるのですが、
うつ病にかかった時は、長期間付き合う覚悟も必要となるのです。

 

 

うつ病の症状が出ているのに放置したり、対応が遅れたりした場合、
(パターン3)のように長期化する恐れがあります。

 

他の病気も一緒に発症する、というリスクも高くなるでしょう。

 

 

やはり(パターン1)のように、スムーズに回復することが
一番望ましいです。

 

そのためにも、自分の心身の状態に気をつけて、
早めに休息をとったり、ストレス発散をしたりしましょう。
 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事