ホルモンの分泌の乱れがうつ病を引き起こすことも…… | うつ病.com

札幌うつ病治療サイト

ホルモンの分泌の乱れがうつ病を引き起こすことも……


体内で分泌されるホルモンは、主に体の調子を整えるために働いています。
しかし、その分泌バランスが乱れた時に、
うつ病を引き起こすことがあることをご存知でしょうか?
今回はホルモンの分泌バランスの乱れについてお伝えします。


 

SPONSORED LINK




 

更年期や妊娠出産などを経験した際に、うつ病になってしまうことがあります。
更年期うつや、産後うつと呼ばれ、ホルモン分泌の乱れの影響が指摘されています。

 

 

女性に多いと言われるこれらのうつ病は、女性ホルモンの存在が鍵となります。

 

妊娠や出産時はもちろん、月経といった女性特有の体の変化が起きる時は、
女性ホルモンも大きく変化します。

 

更年期の場合は、女性だけに限りません。
年齢を重ねることで、男女の性差に関わらず、ホルモンの分泌が減り、
そのバランスは崩れてしまうのです。

 

SPONSORED LINK





メラトニンというホルモンの減少がうつ病に影響している、
という研究も進められています。

 

メラトニンとは、睡眠や覚醒といった、体の生活リズムを調整してくれるホルモンです。
このホルモンの分泌が減少するということは、自然な眠りに誘う作用が減ってしまうということなのです。
ひいては、睡眠障害につながってしまいます。

 

さらに、人間は睡眠によって疲労回復やストレスの解消などを行うので、
睡眠時間が減ると、集中力の低下や思考が鈍くなるといった悪影響が現れてきます。

 

メラトニンは日中に十分な量の日光を浴びることで、
適切な量が生産されます。
そして目覚めてから、14〜16時間で再び分泌され、
徐々に分泌が高まっていくのです。
メラトニンの作用によって、体を休息させる準備が整い、
スムーズに睡眠に入れるようになるそうです。

 

学校やオフィスにこもりがちになってしまうと、
どうしても日光を浴びる機会は少なくなりますよね。

 

特定の季節に発現する季節性うつ病は、多くが秋から冬にかけて発症します。
それは、日光にあたる時間が減少することで、
メラトニンの生産が減少してしまうからなのです。

 

ちなみに、日光を浴びると、
体内でビタミンDという栄養素が作り出されるという作用もあります。
小腸や腎臓の働きを助けたり、丈夫な骨をつくる働きがあります。

 

 

太陽光を適度にあびることで、体の調子を整えることができます。
ただ、強い日差しにあたり過ぎるのもよくないので、
15〜30分程度にして、帽子などで日焼け対策をしましょう。
屋外なら、日陰でもいいそうですよ。

 

室内の照明も関係してくるので、夜は照明を落とすなどの工夫をして、
体と心を休め、ホルモン分泌のバランスを整えましょう。

 

SPONSORED LINK




戻る

関連記事